クレジットカードの年会費が無料になる理由について

クレジットカードの年会費は、毎年払わなければいけない場合と、ずっと0円という場合とがあります。有料のクレジットカードでの徴収された年会費の用途については、具体的には更新を含むカードの発行や郵送などの費用が該当し、こうした費用を賄う原資となっているのです。クレジットカードを所有しているすべての会員から年に1回、年会費の支払いをさせることによる顧客のスクリーニング効果です。その年1年、クレジットカードを使っていなかったという人は、もしも年会費を支払わなければいけなくなったら、クレジットカードを自主的に解約しようとするものです。クレジットカードを持っているだけで使うあてがない幽霊顧客がたくさんいてもデータの管理が大変だけですから、クレジットカード会社側も解約されることは好都合といえます。クレジットカードの中でも、年会費が徴収されるタイプの場合は、顧客が自主的に解約することで、カードの管理が円滑になっている部分があります。年会費が一切かからないことをアピールポイントにしているようなクレジットカードも、珍しいものではありません。年会費無料のクレジットカードにおいては、会員の管理費用も全て、クレジット決済をした時の手数料から賄われる形式になっています。顧客には嬉しい配慮に見えますが、利益確保の為に還元されるべきサービスの一部が省かれているケース等もあるようです。年会費が必要なクレジットカードを使うかどうかは、クレジットカード選びの鍵を握ります。ただし、クレジットカードを選ぶ時に、年会費の有無だけで全てを決定するのもいい方法ではありません。全体のバランスと、どんなサービスを利用したいかで、クレジットカードを選ぶことが重要になります。