カードローンとキャッシングの違いについて

不測の事態などが起きて今すぐお金が必要になった時は、カードローンやキャッシングが役に立ちます。キャッシングも、カードローンも、多くの利用者がいますが、両者の違いはどういった部分にあるといえるのでしょうか。金融機関からお金を借りるという部分はどちらも同じですが、返済のやり方や、貸付限度額は違っています。一度の支払いで全額を払うキャッシングに対し、カードローンは分割での支払いが基本です。一括払いで返済することからもわかるように、キャッシングの場合は、融資金額がカードローンに比べて小額です。キャッシングは1万円から借りることができて、貸付上限金額も50万円程度という少額融資がよくあるパターンです。融資を受けたら、次の月には一括で返済をするという形になっているため、カードローンよりも金利自体が高くなります。キャッシングと違って、カードローンのほうは、場合によっては数百万円の貸付を行っているようです。高額融資の場合、一度の返済で全額を支払うことは困難ですので、リボ払いになったり、分割で払ったりします。大口で低金利の融資になると、審査をクリアしにくくなります。特に銀行のカードローンは、貸付条件がいい分、審査が大変です。金額が大きくなる分、長期返済を前提にしているため、金利はキャッシングに比べて低めに設定されています。キャッシングも、カードローンも、違うところがありますので、どちらの借り方が自分に合っているかをよく考えることが大事です。